クマの種類と解消法

ストレスや睡眠不足が続くと目の下にクマが出てくる人がいます。くまにも種類があり、大きく分けて3種類のクマがあると言われています。

 

この3種類のくまもそれぞれ原因が異なっています。

 

ここでは、その目の下のクマの種類とその原因に合わせた解消法を見てみましょう。

 

目の下のクマを鏡で見る女性

 

3種類のクマ

 

 

青クマ

 

青クマは目の下の皮膚が青っぽい色をしていたり、赤紫色などに見えるタイプです。皮膚の下にある血管などが薄く透けて見えている状態です。

 

茶クマ

 

皮膚が茶色っぽく見えるタイプです、また小じわが多い人も茶色っぽく見えます。加齢などによる色素沈着や シミの増加が考えられます。

 

黒クマ

 

目の下のたるみやむくみがあり、それによって影ができるのが原因と言われています。また、睡眠不足や疲労により血中のヘモグロビンが黒くなり、それが原因で黒く見える場合もあります。

 

 

種類別の対処法

 

青クマの対処法

 

 

青クマはまず目の周りの血行を良くすることがとても大切です、目の周りを優しくマッサージしたり、 軽く体操をして血液の巡りをよくすると目の周りの血流も改善してくる場合があります、特に首や肩などを軽く回したりしてストレッチをすると目の周りの血流にもで有効です。

 

また、姿勢が猫背の人も注意が必要です、前かがみの姿勢が長く続くと血流も悪くなってきます、姿勢を正しくするように注意しましょう。

 

これらの事に気をつけて生活するようにしてください。

 

黒クマの対処法

 

 

黒クマはセルフケアで改善させるのが難しいと言われています、メイクでもなかなか隠すのが難しいクマと言われています。

 

黒クマの原因である、目元のたるみや小じわを解消しなければなりません、目元の小じわやたるみを解消するには目元のハリを取り戻してやれば改善してきます。

 

これには、目元専用のアイクリームを使うと効果的です、今とても人気のあるアイキララは目元の専用クリームの特徴として茶クマの色素沈着や目元のハリにも大変有効です。
アイキララは医学誌に掲載された実績がある目元クリームです、アイキララを使用した所、使用前と比較して目の下の皮膚の弾力などが改善したという事が書かれています。

 

茶クマの対処法

 

 

茶クマはシミと同じメラニン色素が原因の場合が多いです、そのため美白対策が効果的です。

 

紫外線を浴びるとメラニンが増えてきます、そのため色素沈着になる可能性があります、特に外出する場合の UV ケアは 年中するようにして色素沈着の予防をすることがとても大切です。

 

また、美白成分が入った化粧品を使ってケアすることも有効です、特にビタミンC誘導体の入った化粧品がおすすめです。

 

洗顔する場合は目元をゴシゴシこすらないようにしましょう、目の下の皮膚はとても薄いため摩擦が強すぎると負担が大きくなってしまいます、色素沈着を起こさないようにいたわりながら洗顔してください。

 

食事にも気を配りましょう、ビタミン C の入ったブロッコリーやトマト、みかんなどを積極的に摂るようにするとメラニンを薄くする効果があります。

 

まとめ

 

 

目のクマが出ないように予防するには、常日頃のケアが大切です、パソコンやスマホの使いすぎによって目が疲れてくるとクマが出やすくなります、目を長時間使う場合は途中で休憩を入れて目を休ませるようにしましょう。

 

外出する時には、日光に当たらないように注意し、食生活でもビタミンCなどが多く含まれている食品を摂るように心がけると良いでしょう。

 

また、毎日お風呂に浸かって体を芯から温めて血行を良くするのも有効です。

 

色々とやってみたけども、どうしてもなかなか治らない場合は専門の病院に行って見てもらうのも良いでしょう。

 

アイキララ

 

単品価格・・2980円(税別)

 

アイキララの単品価格

 

アイキララのお得なコース

 

お試し定期コース【初めての方向け】

10%OFF

いつでもストップ自由の定期コースです、単品よりもお安く購入できます。ストップする場合はスマホやパソコンから簡単にできます。

 

1回でも止めれますのでお試し感覚で購入出来て安心です。

 

▼▼公式サイトはこちら▼▼